おかいものブログ

買ったら書きます。

マキネッタブリッカ

仕事中は、コーヒーをよく飲みます。家では豆を挽いて、ペーパードリップでまじめに淹れて飲んでいます。

 

ちょっと欲が出てきて、エスプレッソなんかも飲みたいなーと近ごろ思ってました。
でも、エスプレッソマシンには手が出ません。置く場所もありませんし。

 

そんなとき、マキネッタという商品を知りました。直火でエスプレッソ的なものが作れると。

ビアレッティ ブリッカ 2カップ BIALETTI brikka 2cup


エスプレッソ「的」と書いたのは、厳密にはエスプレッソではないそうです。高圧の蒸気を使用する点は同じですが、エスプレッソの定義は9気圧まで上げた蒸気を使用するとのこと。マキネッタは2気圧までしか上がらないそうです。厳密にはマキネッタで淹れたコーヒーは「モカコーヒー」と呼ぶそうです。


それでも、ドリップとは違った濃厚なコーヒーが淹れられるみたいなので興味津々です。

 

で、買いました。

 

届きました。

 

軽く洗って説明書に書かれた手順で用意します。

 

上のタンク内に「H2O」と書かれた箇所まで水を注ぎ、その水を下のタンクに移します。下のタンクに印書けばいいのでは?とちょっと疑問でしたが、なにか実験をしているようで楽しいです。

 

中央のバケットに挽いたコーヒー粉を入れます。小さいのでけっこうこぼれます。
バケットのフチの粉は絶対キレイに拭き取ること!そうしないと圧力にムラができ、吹きこぼれの原因になります!と説明書にかかれてたのでキレイにぬぐいます。またちょっとこぼれます。

 

バケットを下のタンクにセットし、上のタンクと連結します。ネジ式なのでぐるぐる回します。

 

火にかけます。うちのコンロは3口あって、真ん中のコンロだけは少し小さい直径になっています。他のコンロではマキネッタの直径が小さすぎて乗りませんが、小さいコンロにはかろうじて乗りました。ただし角度によってはこけそうになり、非常に不安定です。火力を調節し、待つこと数分。


マキ「シュー」

ぼく「お、ちょっとコーヒー出てきた!」

マキ「プシュー!!」

ぼく「お、勢いよくなってきた!」

マキ「ゴボッ! ゴボボッ!! ブジュ;@lpkoji...!!!」

 

盛大に吹きこぼれました。

 

説明書を見ると、プシューの段階で火を止めるよう書いてありました。
ほとんど吹きこぼれてしまい、掃除している間にのこったコーヒーも冷めてしまいました。

 

作りなおそう。また手順をやり直し、再度コンロにセット。


マキ「シュー」

ぼく「よし、もうすぐやな!(コンロのスイッチに手を添える)」

マキ「プシュー!! ガタッ ガタンッ!  ブジュ;@lpkoji...!!!」

 

プシューの勢いでこけました。

 

コーヒーは全部コンロにぶちまけられました。

 

3回目、右手をマキネッタに添え、左手はコンロのスイッチに。決して優雅とは言えない格好で待ちます。

 

沸くやいなやマキネッタを支えながらコンロを切り、何とか転倒も吹きこぼれも回避できました。美味しそうなコーヒーが出来あがりました。

 

すぐカップに注ぐ。

 

飲む。

 

んー濃い。。けっこう苦い。。砂糖をたっぷり入れた方が良さそうです。
豆の量などを工夫しながら試行錯誤していきたい。
デミタスカップも欲しいな。

 

広告を非表示にする